財団ロゴ

研究助成

平成26年度第3回睡眠健康推進機構・機構長賞および学術研究助成受賞者

 

平成26年度第3回機構長賞および学術研究者助成受賞者は以下の方々です。

第3回機構長賞受賞者 
東京医科歯科大学名誉教授      井上昌次郎先生
大阪バイオサイエンス研究所理事長  早石 修先生

 「寝る子は育つ」を世界に先駆けて発見

  このたび第3回目睡眠健康推進機構長賞は高橋康郎先生に決定しました。 眠りについてから最初に現れる深い睡眠である徐波睡眠に一致して成長ホルモン(growth hormone, GH)の血中濃度が上昇することは良く知られています。

 このGHが睡眠中に増加することは小児でも成人でも認められる現象ですが、食事をしたり、運動をしたり、急性ストレスなどによっても起こります。しかし睡眠による分泌が一日のなかでは最大になります。 この現象は高橋康郎先生が1965年にアメリカのワシントン大学に留学中に睡眠脳波を記録しながら眠りを妨げないようにして20~30分間隔で採血を行って、発見しました。この成果をメキシコで開かれた国際内分泌学会で発表した時、最初に出た質問は「睡眠中の成長ホルモン分泌にどんな作用があるのですか」というものでした。

 先生はとっさに日本には古くから「寝る子は育つ」(A baby with a sound sleep grows well)という諺があると答えたそうですが、このような諺は欧米にはないようです。 GHにはタンパク合成や脂質分解、血糖上昇などの作用があり、成人でも重要な働きをしています。その後の研究では、成人や高齢者では特に深睡眠との関係は子どもほど強くはないようですが、昼間にも分泌され重要なホルモンであることがわかっています。 高橋先生はGHのみならず、ナルコレプシーと呼ばれる病気の発見と、その後治療法の研究を行いました。ナルコレプシーは昼間にも眠気が強く何度も居眠りをしたり、また寝入り端に夢をみて身体が動かせない状態になったり、急に笑ったり、興奮すると全身の力が抜ける脱力が起こる病気で、日本人に多くみられます。

 また、似たような一日中眠ってばかりいるような時期が時々、周期的にみられるような過眠症と呼ばれるような病気の研究もすすめられ、現在でも多くの患者さんの治療に役立っています。 先生は精神科医であると共に睡眠医療の専門医として、最近の15年間はクリニックの院長として、不眠症や睡眠時無呼吸症の患者さん達の診療に携わってきました。先生はとても鋭い観察の目と、患者さんのお話を親身になって聴いてくださる優しい先生です。

参考書: 高橋康郎「快眠すいみん健康法」ブティック社 2003年
井上昌次郎、高橋康郎「あなたはなぜ眠れないのか」東京書籍 2001年
髙𣘺清久、高橋康郎「サーカディアンリズム」中外医学社 1980年

なお、若手研究者への学術助成金は三つの分野の研究者に贈られました。

睡眠科学分野 山口 賀章  (京都大学大学院薬学研究科)
睡眠医学分野 村瀬 公彦  (京都大学大学院医学研究科)
睡眠社会学分野 伊藤 若子 (睡眠総合ケアクリニック代々木)
睡眠医学分野 富田 康弘  (虎の門病院 循環器センター)

若手研究者への学術研究助成金は厳正な審査の結果、以下の3名が決定しました。

  • 睡眠科学分野      小野大輔(北海道大学大学院医学研究科)
  • 睡眠医学分野      田中 進(公益財団法人 東京都医療総合研究所)
  • 睡眠社会学分野    岩本邦弘(名古屋大学大学院医学研究科)

平成26年度第3回睡眠健康推進機構・機構長賞及び学術研究助成募集のお知らせ

これまで長年にわたって睡眠研究に携わってこられ、数々の業績を残された方を表彰するものと、これから新しい研究を推進しようという若手研究者に贈られる研究助成です。 賞の決定は睡眠健康推進機構の運営委員会の中に設置された選考委員会によって行われます。平成26年度の募集は4月1日から7月31日までです。なお、この助成は片平基金(片平俊治氏)からのご寄付によって運営されています。

睡眠健康推進機構・機構長賞および助成募集要領

睡眠健康推進機構長賞(推薦書)

睡眠健康推進研究助成(申請書)

 

平成25年度第2回睡眠健康推進機構・機構長賞および学術研究助成受賞者

 

平成25年度第2回機構長賞および学術研究者助成受賞者は以下の方々です。

第2回機構長賞受賞者 
東京医科歯科大学名誉教授      井上昌次郎先生
大阪バイオサイエンス研究所理事長  早石 修先生

 今年は第2回目となる睡眠健康推進機構長賞に、東京医科歯科大学名誉教授の井上昌次郎先生と大阪バイオサイエンス研究所理事長の早石修先生が選ばれました。お二人は「睡眠促進物質の発見とその液性調整に関する研究」といったテーマで日本の睡眠科学研究に大きな貢献をされてこられました。

  眠りが足りなくなると、だれでも眠くなって、昼間にも眠ってしまいます。このような耐えがたい眠気を感じる時、脳にはどのような変化が起こっているのでしょうか。100年ほど前に現在の名古屋大学の前身である愛知県立医学専門学校の生理学教授の石森国臣博士は長い間眠らせないでいた犬の脳脊髄液から取り出した物質を別の犬の脳内に注射するとその犬が眠ってしまうことを発見しました。

 この物質は「催眠性物質」と呼ばれましたが、その物質の本態は長い間不明でした。 今回受賞された井上昌次郎先生は実験の方法を考案し、次々とその物質を決めてきました。グルタチオンという解毒物質やウリジンという代謝関連物質などがその代表的なものです。その後、早石修先生のグループが協力して、最も強力な物質としてプロスタグランジンD2(睡眠ホルモン)を発見しました。動物を眠らせないでいると起きていた時間に比例して脳の中にこのプロクタグランシンD2が溜まって来たのです。この発見をとおしてなぜ眠るのか、なぜ眠くなるのかといった睡眠の謎が次々と判ってきました。

 この過程でカフェインが眠気を防止したり抗ヒスタミン剤が眠気を催したりするメカニズムについてもわかってきました。お二人の研究はまさに世界に先駆けた偉大な睡眠研究です。 井上昌次郎先生はアジア睡眠学会を設立され、また睡眠についての科学書ややさしい解説書を数多く出版されております。早石先生と共同で睡眠物質に関する多くの国際会議を開催されました。早石修先生は巨額の研究費を得て、日本の多くの睡眠研究者たちと睡眠科学、睡眠医療や睡眠に関する社会的な問題を解決することに貢献してくださいました。

参考書:
井上昌次郎「眠りを科学する」朝倉書店2006年
早石修、井上昌次郎「快眠の科学」朝倉書店2002年

若手研究者への学術研究助成金は厳正な審査の結果、以下の3名が決定しました。

  • 睡眠科学分野      小野大輔(北海道大学大学院医学研究科)
  • 睡眠医学分野      田中 進(公益財団法人 東京都医療総合研究所)
  • 睡眠社会学分野    岩本邦弘(名古屋大学大学院医学研究科)

平成25年度第2回睡眠健康推進機構・機構長賞及び学術研究助成募集のお知らせ

これまで長年にわたって睡眠研究に携わってこられ、数々の業績を残された方を表彰するものと、これから新しい研究を推進しようという若手研究者に贈られる研究助成です。 賞の決定は睡眠健康推進機構の運営委員会の中に設置された選考委員会によって行われます。平成25年度の募集は4月から7月31日までです。

睡眠健康推進機構・機構長賞および助成募集要領(PDFファイル) 

睡眠健康推進機構長賞(推薦書)(PDFファイル)

睡眠健康推進研究助成(申込書) (PDFファイル)

平成24年度第1回睡眠健康推進機構・機構長賞および学術研究助成受賞者

 

平成24年度第1回機構長賞および学術研究者助成受賞者は以下の方々です。

第1回機構長賞受賞者 菱川泰夫 秋田大学名誉教授

  菱川先生は1957年大阪大学医学部を卒業、精神・神経科助教授を経て1983年秋田大学医学部精神科教授、1998年 定年退職後、秋田大学名誉教授2001年秋田回生会病院院長、次いで名誉院長となられました。 ナルコレプシー患者については、夜間および昼間の入眠時に睡眠麻痩や入眠時幻覚症状を体験することを発見、REM睡眠に伴うオトガイ筋放電、下肢反射の抑制など世界に先駆けた業績を発表されました。

  また、アルコール依存患者の離脱時にみられる幻覚や夢体験ではREM睡眠異常がみられることを明らかにされました。 日本の睡眠学会の設立にも関与され、まず1973年に睡眠研究会を結成し、この組織が1977年には日本睡眠学会に発展し、その後1991年世界睡眠連合の設立時より4年間、連合の副会長を務め、さらに1999年から日本睡眠学会認定制度の設立と実施にご尽力されました。

若手研究者への学術研究助成金は厳正な審査の結果、以下の3名が決定しました。

  • 睡眠科学分野      榎木亮介(北海道大学大学院医学研究科連携研究センター)
  • 睡眠医学分野      栗山健一(独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター)
  • 睡眠社会学分野    浅岡章一(東京医科大学睡眠学講座)

PDF形式のファイルをご覧になるためには、アドビ社が提供するアドビリーダー(無料)が必要です。
アドビ社のサイトからダウンロードしてご利用ください。